葉酸サプリメントと妊娠

葉酸サプリメントの必要性

葉酸サプリメントは近年、妊娠したい(予定している)方や妊婦さん、授乳婦さんにとっては、とても重要な栄養補助食品と言う認識がされるようになりました。その背景には、近年の研究で葉酸が神経管閉鎖障害の発生リスクを低減する事が分かり、ここ20年ほどの間で、世界各国が積極的に葉酸の摂取を進めているためです。

しかし日本の取り組みは諸外国と比較して10年ほど遅れています。日本はもともと食文化が豊かな国であったため、葉酸摂取比率が高く、それい反比例するように神経管閉鎖障害の発生リスクが低い国でした。しかしここ最近の食生活の欧米化により、葉酸摂取の機会が日に日に減少しているのに加え、諸外国が積極的に葉酸摂取に力を入れ始めた事から、今では日本の神経管閉鎖障害の発生リスクは相対的に見て高くなっています。今もなお厚生労働省が葉酸の摂取を広く呼びかけていますが未だに十分に浸透しているとは言いがたいと言うのが現状です。

その一例としては母子手帳には2002年(平成14年)の4月から交付される母子手帳には葉酸の重要性が記載されていますが、実際に葉酸が本当に必要な時期(神経管閉鎖障害のリスクを低減するために)は妊娠から約10週までの間に母体に十分な葉酸がある事が望ましく、特に中枢神経系は妊娠7週未満に発生する事から、妊娠が分かったタイミング(多くの場合は早くとも妊娠から2週間)では、神経管閉鎖障害のリスクを低減には不十分にも関わらず、母子手帳を見て初めて「葉酸」と言う単語に触れる人も少なくありません。

そのため、当サイトでは葉酸の摂取に関して可能な限り正確な情報(主に厚生労働省から出されている資料)を基に調査した結果をまとめました。今やインターネットを利用すれば誰しもが公的な情報に気軽にアクセス出来るにも関わらず、情報配信の仕方による敷居の高さが(端的に言うと堅苦しい文章で分かりにくいと言う事が)情報の伝達を阻害しています。当サイトではそれを極力分かりやすい表現で配信していきますので1人でも多くの方の参考になれば幸いです。

また政府系のサイト以外にも、一般の方が制作された葉酸サプリメントの情報サイトや、ランキング形式で葉酸サプリメントの評価をされている「葉酸サプリメントランキング」のように、分かりやすくまとめている所もあるのでこういったサイトも参考になるかと思います。厚生労働省の文章は失礼ながら読みたいと思えるような構成にはなっていませんが、こういった一般の方の視点で作られたサイトは比較的読みやすものが多いと思います。デザインも綺麗で特に女性の方には良いのではないでしょうか。当サイトも文字ばかりが多くて読みにくくはありますが、ご一読頂ければ幸いです。

補足としまして、葉酸が不足したからと言って、必ずしも赤ちゃんに重大な影響があるわけではありませんので既に妊娠中の方もむやみに心配する事はありません。厚生労働省も「葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発生リスクが集団としてみた場合に低減する事が期待できる」と言う程度に留めています。あくまでリスク軽減の一環として捉えた方が良いでしょう。また葉酸サプリメントに関しては薬ではありませんし、個人によって合う合わないが当然ありますので、掛かり付けのお医者さんがいらっしゃる場合は相談してみるのも良いでしょう。自身の体調と合わない場合はすぐに摂取をやめ医師に相談するようにしましょう。

葉酸

妊娠したい時の葉酸サプリメント活用

妊婦の葉酸サプリメント活用